446の素人格ゲーブログ

素人のおっさんが、まったり格ゲーをしている様子をブログで更新していきます。格ゲーと言っても、僕はアーケードしかしないので、家庭用の格ゲーについては触れません。

【問54】好きな格ゲーキャラランキング(ヴァンパイアシリーズ編)

はい。ということで、今回からしばらく、好きな格ゲーキャラをタイトル別に書いていきます。

質問を頂いたのが、ヴァンパイアシリーズ、ストリートファイターシリーズ、サムスピシリーズ、KOFシリーズだったので、まずは僕にとって書きやすい、ヴァンパイアシリーズからいきたいと思います。

尚、10位から書いてという要望がありましたが、体力的にちょっと書けそうにないので、3位からにさせて頂きます。

【第3位】モリガン=アースランド
f:id:hatema446:20210612084040j:plain
僕の中で、第3位はやっぱりこの人!

ヴァンパイアシリーズのお色気担当でありながら、最近は若い子にお株を取られて、ちょっと人気が低迷しているモリガン姉さんです。

ロリガンこと、モリガンの魔力の一部が具現化したリリスの登場により、オバサンっぽさがより目立ちますが、それでも僕はこのモリガンが好きですね。

ただ、「理由はなによ?」と聞かれても、上手く答えれないんですね。

気が付いたら使ってるんです。

ヒゲリンと職場が一緒だった頃、毎晩のように仕事が終わったあとゲーセンに行っていたのですが、そこにビーバーという今はゲーセンの経営をしてるヤツが居まして、そいつが僕に「446、お前またモリガンか。本当、好きやなぁ」と言われるまで、自分がモリガン好きだってことも分かってませんでした。

ヴァンパイアシリーズはもちろん、カプエス2、マブカプ2、タツカプでもモリガン使ってまして、周囲から『モリオタ(モリガンオタク)』とまで呼ばれてました。

これが強ければ、僕も『モリガン使いの446さん』だったのでしょうが、実力がない者への扱いは厳しく、評価されなければずっと好きで使い続けていても、オタクになってしまうみたいです。

【第2位】バレッタ
f:id:hatema446:20210612084119j:plain
1位と2位は、本気でどっちにしようか迷いました。

それぐらい、どっちのキャラも好きですね。

バレッタは、見た目かわいい女の子なのですが、お金への執着が凄まじく、生きた人間でありながら、ジェダの選別した黒い魂の持ち主に選ばれたキャラなんです。

黒い魂というのは、本来どんな悪党でも、人間が対象になることはないのですが、バレッタちゃんはあまりに黒すぎてジェダ様も間違って召喚しちゃった(ここら辺、語弊があるのでご注意を)みたいですね(笑)

ナイフでダークストーカーを襲ったり、重火器で倒そうとしたり、あの手この手でモンスターを狩ろうと頑張ります。

エンディングでは、魔界で人間のバレッタちゃんが指名手配されるという、まさかの逆パターン!

人間の世界に居たからこそ、彼女のしていたことも正当化されていましたが、魔界でそれをやってもただの連続殺人犯!

彼女は、それでもモンスターを狩り続けるというね、10歳ぐらいにして、頭のネジが何本も飛んでる女の子なんです。

演出も面白いのですが、操作キャラとしても面白いのがあって、「バレッタ、サコスペ」と検索をかければ、すぐにそれが出てくるので、興味がある方は、是非とも確認してみてください。

【第1位】ダークガロン
f:id:hatema446:20210612084146j:plain
ダークガロンは、ヴァンパイアセイヴァーのガロンの裏キャラで、ガロンのもう一人の自分という設定です。

はい。意味がわかりませんね。説明します。

ガロンは、人狼でありながら、狼の血を嫌っていました。

そして、念願叶って狼の血をコントロールできるようになり、人としての生活を送れるようになります。

しかし、人としての自分に対し、次第に疑問が生まれ、そこで生まれたのが狼としてのガロン。

それが、ダークガロンです。

性能は、セイヴァーの前作に当たるハンターのダークガロンの一部の技を受け継いでいたりと、本家より弱体化しているのですが、とにかくね、鈍く光る体毛がカッチョ良いんですわ。

ガロン自体ストイックな性格なんですけど、コヤツがね、ガロンに問い掛けるときの台詞もね、また渋いッスね。

あぁ。アニメやRPG、今の格ゲーのストーリーモードなんかと演出を比較しないでくださいよ。あくまで、昔のアーケードモードのデモ演出で、という話です。

あの当時は、無駄に隠しキャラが多く、子供の中二心を擽る作品も多くて、そういう意味ではこういう裏キャラは面白かったですね。

はい!
では、今回はここまで!

次回は、ストリートファイターシリーズの好きなキャラランキングいきますよー。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!