446の素人格ゲーブログ

素人のおっさんが、まったり格ゲーをしている様子をブログで更新していきます。格ゲーと言っても、僕はアーケードしかしないので、家庭用の格ゲーについては触れません。

【問60】身内のゲーマーが辞めていくのを止めるにはどうしたらいいか

〈質問〉
身内のゲーマーが辞めていくのを止めるにはどうしたらいい?

〈返答〉
身内戦を開催する、用がなくても会う、電話する、とにかくその人と関わるのが仲間を失わないことだと思います。

ゲームを辞める理由は人それぞれだと思いますが、正直一度離れた気持ちを呼び起こすのは非常に難しいと思います。

なので、ゲームを辞めると言われた場合はほぼ終わりです。

仲間のゲームに対する気持ちの炎が消えないようにするためには、やっぱり定期的に対戦会を開くことが大事ですね。

しかし、主催者である自分も仕事や家庭に時間をとられ、どうしても大会を開けない時があると思います。

このスパンが長くなると、相手の気持ちも離れてしまうので、時間がないときこそ仲間とどう接するかが大きな鍵となってきます。

僕も、社会人になってから、多くの格ゲー仲間を無くしてきました。

その理由が仲間と会う機会、話す機会を作らなかったからです。

ここら辺、僕は恋愛と一緒だと考えていて、どんなに忙しくても、会う・話すというのは大事だと思います。

やっぱりね、身内戦できないから連絡しないとかじゃなくて、5分でも10分でもいいから電話して、その人と関わりを持つことをしていると、1年後に身内戦をすることになっても、意外に来てくれたりするんです。

ゲームでしか繋がりがない奴と、たった5分話してどうなる?それこそ時間の無駄やろと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その5分の会話が重要で、その時はゲームの話なんてしなくて良いんです。

会話することでその人との繋がりを保つってことが目的なんですから。

結局ですね、リアルの仲間を繋ぎ止めたいなら、対面で会話しないと相手も答えてくれませんね。

こっちが忙しいことなんて、参加する側の人間からしたら知ったことではないんです。

仲間をゲームの世界から離したくないなら、言い訳無用で忙しくても関わることをしなければ、絶対に仲間は失います。

それができないのなら、オンライン上で仲間を作れば良いんです。

リアルの対戦会の仲間は、自宅でやるにしろ、ゲーセンでやるにしろ、人対人ですから『繋がりを保つための努力』はどんな形であれ重要だと思います。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!