446の素人格ゲーブログ

素人のおっさんが、まったり格ゲーをしている様子をブログで更新していきます。格ゲーと言っても、僕はアーケードしかしないので、家庭用の格ゲーについては触れません。

雑記641.頑張りすぎでしょ!

いやぁ~、久し振りに『熱いプレイヤー』を見ましたね。

この前、電撃文庫ファイティングクライマックスイグニッションという格ゲーをオンラインでやったのですが、そこで30連勝ぐらいしたんです。

「え?アーケードで30連勝とかできんし。10回勝ったら終わりやろ。嘘ばっか付くな、446!この知ったか大魔王が!!」とゲーセンで電撃のオンラインをプレイしている方なら思われるでしょう。

はい。説明します。

ゲーセンの電撃のオンライン対戦は、10試合連続で勝利するとそこで終了になるのですが、幸か不幸か電撃のオンラインは回線状況が悪く、ラウンドを1本取るとCPU戦に戻されるということがよくあります。

最初、回線を遮断されていたと思ったのですが、これ、対戦時にどちから一方だけ有利な状況にたつときがあるので、それを避けるための配慮らしいですね。

まぁ、それでも普通にどちらか一方だけ動くことができなくなるとかあるみたいですが…。

話を戻して、ようは試合を1回取らないと1勝したことにならないので、そこのゲーセンはラウンドを2本取らないと試合を1本取ったことにはならない。

ということは、1本取ってCPU戦に戻されて、また再戦を繰り返すと、実際は何十勝もしたことになるんですね。

まぁ、その日は3時間ぐらい時間を取れたので、一人でゲーセンへ行き、オンラインでフルボッコにされたあと、CPU戦でコンボ練習を2回やって、麻雀格闘倶楽部マジアカをしたあと帰るという流れで予定を組んでいたのですが、3時間全部電撃に使ったから、他のゲームが一切できませんでした。

せめて、メルブラだけでも練習したかったので、お神に「わりぃ!あと一時間遅くなる」と言ったら、「お前、ふざけんな!頼んでおいた買い物まだなんやろ?その時間計算して言いよるんか?こっちはガキの面倒見ながら家事と明日の仕事の用意してんのに敵わんわ」とブチキレられたので、…泣く泣く帰りました。

…ねぇ、自分だって趣味の買い物で遅くなる時あるのに、俺は駄目とかね、いや、ここで言うと喧嘩になるから、男は我慢ですわ。

だから、誰も見ていないブログで愚痴ります。

話を戻して、オンラインだから年齢も性別も分かりませんが、とにかく負けん気が強いことはプレイスタイルから伺えました。

とにかく、ピンチになったら待ちまくるし、負けると分かっていてもガンガン入ってくるし。

1回ですね、負けたあと途切れたんです。

あっ、やっとやめたのかなと思ったら、恐らく両替にいってたんでしょうね。

受付ギリギリでまた乱入してきましてね。

そっから、またず~っと対戦ですわ。

時間があんまりなかったので、最初の3回ぐらいはフルボッコにしたんですけど、あんまりその子が勝ちに対して貪欲で、知らないなりにも立ち回りを工夫して戦ってくるので、稽古をつけてあげることにしました。

どのみち、向こうには金を貰っているようなもんですもんですし。

まぁ、相手はナメプだと思い、更にムカついたことでしょうけど、なんで自分が僕の攻撃に当たっているのか分かっていない感じなので、まずは同じ場面が出てきたとき、同じアクションを取り、自分が今なにをされていて、何に自分が対応できていないかを認識させる。

その子は、本当ね、基礎の基礎ができてなくて、まず二段ジャンプに対応できていませんでした。

電撃を始め、エリアルができる格ゲーというのは、空中に滞在しているとき、2回ジャンプできるゲームが多い。

なので、自分が地上に居て、相手が空中に居る間合いで安易に対空技を出してしまうと、二段ジャンプでかわされ、その後下に強い技で反撃をされてしまう。

恐ろしいのは、下に強い技を食らうとダメージも高いコンボを貰ってしまうこと。

素人同士の対戦では、大抵立ち回りが疎かなので、コンボでダメージを図り、格上相手に戦うということをします。

なので、素人であればあるほど食らってはいけない技、…なのに、彼は食らってしまっている。

…ちょっと不思議だったのは、こんなことも分かってないのに、何故か僕より勝率も良かったし、バトルポイントも高かったんですよ。

オフライン対戦時だったらね、まだ理解できるんです。自分より格下ばっかり狩ってのしあがったんだなって。

でも、オンライン対戦ってバトルポイント50万以内ってそんなに居ませんから、大体僕やその方と同じぐらいのポイントの人って、格上に当たってフルボッコにされるのがオチなんですよ。

なのに、ゲームの内容を僕より知らないのに、ランクが上っていうのが気に食いませんでした。

でもまぁ、勝ちに対しては貪欲で、自分が負けると分かっていても乱入してくると分かったので、ゲームのマナーが悪い訳ではないと分かったので、稽古をつけていたんです。

あとは、コンビネーションからの択一。特に、上段・下段揺さぶっての中段にメチャクチャ弱く、正直これだけで狩れてしまう。やっと慣れてきたので、今度はそれに投げも入れてやると、本当ね、辛そうでしたね。

ただ、これをやって1つ嬉しかったのは、後半戦になって、その子が待つのを止めて、負けても良いから、色んな技を振って試し始めたんです。

これは、僕も画面越しにやって欲しいことが伝わったと思い、思わず「おっ!いいね、いいね。そうそう。もっと、色々試してみ。付き合ってやっから」と独り言をついつい言っちゃったら、隣でウィーレやってた50ぐらいの知らないおじさんが、「まるでコーチやね」と笑ってくれました。

後半、ようやくある程度の基本に慣れてきたので、今度はサポートキャラを色々使って、その子が嫌がるであろうことをしてみる。

僕は、ユウキを使っていたので、どくろちゃんやヴィルヘルミナがメインサポートキャラになるのですが、多分このタイプはコンボの脅威より、竜二やアコちゃんの旦那さん(名前は忘れた)が嫌だと思うので、そこら辺でプレイ。

あとは、ホロの回復と爪、これも意外にウザいかな、と。

ほかは、ちょっと癖強めなので、ここら辺の分かりやすいヤツを抜粋し対戦してました。

…まぁ、3時間100円で遊べるなんて、僕にとっては願ったり叶ったりの展開でしたが、結構ね、最初と最後では動きがかわってきて、教えている側も楽しかったですね。

こういう子はきっと強くなる!

次に対戦するとき、まぁできるか分からないけど、俺との対戦に合わせられたことにムカついて、次はぶっ潰す!という気持ちがあれば、やり続けるでしょうから、次回の対戦が楽しみですね。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!