446の素人格ゲーブログ

素人のおっさんが、まったり格ゲーをしている様子をブログで更新していきます。格ゲーと言っても、僕はアーケードしかしないので、家庭用の格ゲーについては触れません。

【野試合315】ハイパーストリートファイター2

もうね、このゲームだけは不思議なことに、行けば誰かがプレイしている、しかも対人馴れしている人が多いゲームなので、乱入しやすいゲームです。

まぁ、あくまで僕がホームにしているゲーセンだけの話なのですが…。

正直言うと、僕はスト2は家庭用世代の人間なので、あまり対人はしていませんでした。

いや、正確には家庭用を持っていなかった(今でもだけどw)ので、友達の家でやらせてもらったり、そこで付き合い程度の対戦をしていただけです。

僕のストリートファイターシリーズの対戦デビューは、小6の時、ショッピングセンターの2階にあったゲームコーナーで、親に買い物に連れていって貰ったときに、ヤンキーの兄ちゃんがスタッフとして働いていて、仕事そっちのけでゼロ2の練習をしてたんです。

僕は、その風景を後ろからベガ立ちして観戦していたのですが、そしたら兄ちゃんが「見ててもつまらんやろ。ゲームはやってナンボだぞ。金がないなら俺が1クレやるから、対戦してみっか?」というのが全ての始まりでした。

それまで、アーケードでやってもCPU戦ばっかりで、対人は友達同士としかやっていなかった。知らない人と対戦するというのが恐かったし、負けたら馬鹿にされるし、当時はまだ灰皿ソニックとかがあった時代だったから、「勝てそう」とか思っても、それが学ラン着た中学生とかだと恐くて乱入できなかった。

そこに勇気をくれたのが、このヤンキーの兄ちゃんでした。

はい。そういう過去の思い出話はまた別の機会にするとして、こういう経験が今の僕のアーケードで格ゲーをする理由の1つとなっています。

スト2シリーズの対戦デビューは、ギルティのアクコアの対戦をしていたゲーセンが倒産し、ヒゲリンも退職し、違う仕事に就いたので、なかなか会えなくなったのをキッカケに、ホームのゲーセンを変えたんです。

その時に、ハパ2が流行っているゲーセンに通うことになりまして、当時は闘劇真っ盛りで予選会場でもあったそのゲーセンは、化け物ばっかりだったんですけど、今はまったりしてまして、僕みたいなオッサンプレイヤーやニワカの若者で溢れているので、とても乱入しやすいゲーセンとなっています。

今回も、まぁ僕よりは全然上手なんですけど、5回やれば2回ぐらいは試合取れるぐらいの人だったので、僕的には楽しい人でした。

とにかくね、やたらダッシュザンギエフを推してくる人で、僕がリュウやケン、ガイルばっかり使うものだから、「いやぁ、ダッシュのザンギ使ってくださいよ。ギルティじゃポチョム使ってましたよね?だったら、ハパ2じゃザンギッスよ。なんたって、ヘッドバッド(すみません、技名適当です)一発でピヨリますからね!」とザンギ推進を図ってくる。

ハパ2の凄いところは、とにかく世代の幅が広く、今回そのダッシュザンギを推進してきた子なんて、聞けばまだ17だそうですよ。

かと思えば、この前話した人は60代の方だったりね、とにかく幅広い世代に支持されているというのが、さすが世界を震撼させた格ゲーだなというのを改めて認識させられます。

その時は、ハクビシンくんやサラブレッドも対戦に参加してくれたのですが、ハクビシンくんは元々スト2シリーズをやってましたが、サラブレッドはKOFと鉄拳メインだったので、彼も僕と同じく、スト2シリーズの対戦デビューは社会人になってからです。

結局は、アーケードで格ゲーを対戦する為には、今は色んなの触っとかないと人がいないので対戦できないというのがありますが、幾ら僕らが対戦していたからといって、KOFや鉄拳やってた人間が違うゲームを触って、対人戦しようってはなかなかなんないんですよ。

やっぱり、特に友達と来てると、あとからやり始めたゲームは大差がついているから、惨めな思いをするでしょ?

それでも、このゲームだとやってくれるって、これも凄いこと。

僕なんか、彼等にギルティやメルブラもずーっと推進してますけど、そっちは全くやってくれませんからね。

「いや、あっちはコンボゲーだし、自分の攻撃が当たらんのは面白ないやろ」という人もいるかもしれませんが、それはハパ2だって同じこと。

ぶっちゃけ、格ゲーは立ち回りが分かってなきゃ、相手に技を当てるなんてことできませんから、素人同士の対戦でもそれは一緒なんです。

それでも、ハパ2はコインを入れてくれて、ギルティやメルブラは「もういいや」となるのは何でだろう?って僕やヒゲリンは常に思います。

まぁまぁまぁ。

最後は脱線しましたけど、ハパ2は今でも熱いという話でした。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【野試合314】ウルトラストリートファイター4

心境の変化を更新したあとにこのブログを書くのも難ですが、久し振りに盛り上がった野試合でした。

今回は、ハクビシンくん主催の身内戦を行ったのですが、4時間もらった内の2時間をウル4の対戦に使ったので、それを考えると凄いことです。

「なんだ?たった2時間か?」と思うかもしれませんが、今出逢った人と2時間もバトったんですよ?それって、凄くないですか??

昔は当たり前でしたけど、今は声を掛けても断られる時代。または、1回対戦して、倒せば次に乱入してくれることなんてほぼありません。

そう考えると、この廻り合いは物凄く大きいことで、奇跡と言うに近いでしょう。

さて、肝心の対戦ですが、僕らと同じぐらいのとにかく楽しい人でした。

僕はスタンダード、胴着キャラ(豪拳、ダン、さくらは今回使わず)でいき、サラブレッドはサガットとジュリ、ハクビシンくんはアドンリュウで挑戦です。

対する相手の方は、セスがメインのようで、それ以外にはオニを使っていたようですね。

コンボや立ち回りは僕らと同じぐらいなんですけど、知識が豊富で一人でそんなに調べたのかなと思い聞いてみると、「僕、仕事の関係で大阪に居たので、その時に色々教えて貰ったんです」と。

都会への憧れがある僕らは、大阪や東京の単語に敏感で、あそこら辺は激戦区だと妄想してしまうのですが、その人が住んでいたところは田舎の方だったとのこと。

…でも、田舎でそれだけアーケードに人が居るというのも、胸熱な話だよね。

僕がケンを楽しいと思うように、セスが楽しいと感じているその人は、最終着地はやっぱりセス。

これ、格ゲーあるあるかもしれないけど、ずっと回していると、最初は色んなキャラ使ってるんだけど、最後は自分が使ってて楽しいキャラに落ち着くんだよね。

とにかく、盆休み並みに対人戦ができた今回。

運が良かっただけかもしれないけど、まだまだアーケードも捨てたものじゃなかったぜ!

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

雑記657.心境の変化

最近、野試合が殆んどなくなり、ゲーセンで対戦する意味があるのか等、僕自身、ゲーセンで格ゲーをすることに悲観的になりつつあります。

当ブログを閲覧してくださる方は、僕の心境の変化にお気付きのことと思いますが、ここ2・3年はほぼ乱入されるということがなくなり、野試合をしようと思ったら、仲間内でまわしている学生や、またはシングルでCPU戦を楽しんでいるオジサマに声を掛けて対戦しないと、野試合すらできません。

それも、野試合できる筐体が少なくなりつつあり、ゲーセンでもオンライン対戦ができるようになってから、急速に野試合できる場所が少なくなっています。

ゲーセン側にとっても、格ゲーなんてオマケで置いているようなものなので、この野試合がほぼないご時世に、お金を使ってもらおうと思うなら、設置面積を狭くして、尚且つオンライン対戦にだけ視野を入れたプレイスタイルの方がインカムを取りやすいので仕方のないことかもしれません。

…まぁね、ゲーセン側だって、慈善事業で経営してる訳ではないので、それは分かります。

僕だって、損益分岐点とかの勉強を今やってますけど、人を雇い、経営していく上で、決断は非常に大事です。

でもね、ここで僕がゲームをしていた理由がより明確になり、正直言うと、格ゲーをする『やる気』がなくなってしまったんです。

僕がアーケードに拘ってゲームをしていたのは、結局『人との繋がり』だったんだなぁ、と。

アーケードでゲームをやってると、色んな世代の人と知り合いとなり、ゲーム以外の話もできる。知り合うキッカケはゲームだけど、ゲームを通して色んな人と出会えることが楽しかったんですね。

多分、今で言うなら一種のコミュニティみたいな感覚だったんだと思います。

それがなくなり、じゃあ自分で集めて身内戦をやろうという話になり、20代後半から10年間、今の今まで格ゲーにへばりついて対戦会なんかをやってきたんですけど、自分でやるとなると、【企画する➡人を集める➡対戦会の実施➡片付け・反省】と自分がゲームをプレイする時間がどこにもありません。

プレイヤーをしながら、コミュニティの一環としてゲームをしていた僕にとって、好きなことをしていたとは言え、けっこうしんどかったです。

でも、若いときはまだ体力があるし、一人だと時間も自由にあったから、それでもなんとかなった。

ただ、状況が一変し、家族ができて、家のこともしなくてはならなくなり、仕事での立場も変わってくると、同じことをすることが苦痛になってきました。

時間がない中、ゲームを一応練習はするけど、対戦会で自分のプレイを披露する機会はない。あっても、今のゲームにはついていけてないので、試合にならない。

そうなってくると、格ゲーと同じように活動している遊戯王OCG(リアルの方)と比較して、まだこっちの方は何とかなるんです。

活動的なものもそうですが、一番は試合。

格ゲーの場合、【知識➡技術➡駆け引き】という感じで試合ができるようになっていきますが、カードゲームの場合、素人同士の対戦ではルールさえ知っとけば、格ゲーみたいな技術はすっ飛ばして、駆け引きで試合が成立する。

故に、経験値を積んでいけば、ある程度予測と駆け引きが可能になるカードゲームに対し、格ゲーは膨大な知識+日々精進しなければならない技術、それができてやっと駆け引きというのを楽しむことができるというのが、…辛いッッ…!

経験を積んで、こう動くとこれがくるというのが分かっていても、格ゲーは技術がなければそれに対抗する策がなく、相手は同じことをして平気でボコってくる。

その技術を身につけて、対策を打つと、手を抜いてましたと言わんばかりに、次の手を打ってきて、またその対策に追われる。

時間があれば、やり込めばある程度それも追い付くんですけど、週に1回、ゲーセンで2時間ぐらいしか練習できない僕では、やっと対策ができてきた頃には、アップグレードされていて、また1からになるという無限ループです。

僕の周りでは、年を取るに従い、アーケードの対戦からリアルのカードゲームに趣味を移行する人が多いけど、最近その理由がやっと分かってきました。

そして、僕も今揺らいでいます。

まぁ、「やりましょう!」という仲間や後輩の声がある限りは続けていきますが、声が聞こえなくなったのを機に少しずつ格ゲーから離れていこうと考えているオッサンなのでした。

まぁ、「だからなんだ?」って言われればそれまでなんだけどね。

オッサンの愚痴を最後まで読んでくれた、あなたに感謝!

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【問86】鉄拳シリーズ質問返答

鉄拳8の開発決定のことを僕の主催するコミュニティに参加してくれている方から聞き、当ブログでも鉄拳シリーズを振り返るという企画を立てております。

ストリートファイターの時に、何個か企画を立ててやりましたけど、画像を入れた紹介ブログより、僕の思い込みと根拠のない感想が入り雑じる思い出ブログの方が訪問してくれる方が多かったので、鉄拳ではこの思い出ブログを中心に更新していこうと考えています。

ー…と、その前に、鉄拳8の歓喜のブログを更新したあと、ぼちぼち質問がきましたので、今回はその返答を一気にしたいと思います。

いやぁ、久し振りの格ゲーブログらしい質問だったので、ちょっとテンション上がりながら返答しています。





〈質問1〉
446が一番やりこんだ鉄拳シリーズは?

〈返答1〉
鉄拳5です。

■実を言うと、僕は2D派なのであまり鉄拳は好きではありません。

ただ、鉄拳4ぐらいから格ゲー氷河期が始まり、黄金期は自分の好きな格ゲーばっかりやってても対戦できたのが、この頃ぐらいから、選り好みしていたら野試合できなくなったんです。

鉄拳は、今で言うガンダムみたいなもので、他は座ってなくても、鉄拳は行けば誰かがやってました。

そこに、カードに戦歴を保存できて、尚且つ携帯に登録すると、キャラを色々カスタマイズできるシステムが実装されたものですから、そりゃあハマりましたね。

あの時は、楽しかったなぁ~。



〈質問2〉
446の鉄拳のマイキャラは?

〈返答2〉
レオです。

■あくまで、鉄拳7での話ですね。

というより、鉄拳6と鉄拳7はレオと言った方が正しいかな。

鉄拳TT2は、レオと仁八です。

レオは、強気に攻めれる性能が好きですね。

あくまで素人の僕の見解ですが、鉄拳はなんとなく待ちが強い気がしますね。

そんな中、移動技などを駆使し、攻めたいときに攻めれるレオは、僕の中では贅沢なキャラクターです。

格ゲーに限らずゲームは何でもそうですけど、お互いにやりたいことをやろうと思った時、どれだけ我慢できるか、我慢比べを制したものが勝利をもぎ取れる。

でも、レオってそんな我慢を他のキャラに比べてしなくて良いってのがね、僕の好きなところです。



〈質問3〉
鉄拳シリーズのアーケードモードってどのタイトルが一番好き?

〈返答3〉
鉄拳6BRです。

■鉄拳シリーズのアーケードモードって、エンディングないけど楽しめるんですよね。

物凄く、中毒性がある。

COMがストレスがかからないぐらいに立ち回ってくれて、コンボ練習とかにめっちゃ最適でした。

流石に、鉄拳7のアーケードモードは、幾ら隠しで仁や豪鬼が出てきても、ステージが短すぎるというのがありましたが。

鉄拳シリーズのアーケードモードは、僕の中で5から力入ってきたイメージがあります。そこ中でも6はボーナスステージにナンシーとかいうでっかい機械と対戦したり、中ボスに仁、ラスボスにすべての元凶となるアザエルという悪魔が居たりと、結構なボリューミーな内容だったので、僕は毎回楽しめました。

因みに、BRにしたのは、金のアザエルが希に出現する(強さは変わらない)というイベントがあったから。

しかも、何気に格好良いんです。

こういうの大事ですね!



●はい。ということで駆け足で書きましたが、まぁこんな感じ。

では、次回から鉄拳のタイトルについて振り返ります!

身内戦とかが緊急であった場合は、そっちから書くのでご了承くださいね。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【座談会3】ゲームセンターの在り方

ということで、今回の座談会のテーマは『格ゲーの対戦に於けるゲームセンターの存在意義』についてです。

昨日のブログで、ゲームセンターの格ゲーの対戦でもオンライン対戦が主流になり、以前のような野試合がなくなったという話をしましたが、そうなると、本来対面で知らない人と対戦を楽しむことに魅力を感じていた僕にとって、ゲームセンターへ行き、対戦をする意味がなくなってきました。

その事について、僕の格ゲー仲間であるヒゲリンと話す機会があったので、今回はそのことについて書きたいと思います。

446:「俺達、今までゲーセンで対戦するってのに拘り持ってやってたけど、それって野試合で知らない人と出会って、その人達とまたやりあうってのが目的ってのがあったよね?」

ヒゲリン:「うん」

446:「だけど、ゲーセンにオンライン対戦が実装されるようになり、対面での対戦っていうのが本当になくなった。特に鉄拳7以降、身内以外との新作ゲームでの野試合ってほぼないに等しいよね」

ヒゲリン:「まぁ、この前ハクビシンくんがやったように、身内戦している人に『俺も混ぜて~』って言えば無理にでも野試合はできるけど、果たしてそこまでする意味はあるのか?ってことだよね」

446:「てか、しないでしょ。俺なんて、『対戦していいですか?』って聞いたら、普通にシカトされたし」

ヒゲリン:「やってんじゃん(笑)」

てなわけで、ハクビシンくんは対戦できたので、ボクもと思いその子達に乱入していいか聞いたら、無言でその場を去られたという苦い思い出が記憶に新しい話…というわけではなくて、ようは「ゲーセンは野試合とその交流の場だったのに、家でもできるオンライン対戦は必要なのか?」という話です。

正直に言うと、僕はアーケードしか格ゲーをしない人間なので、オンライン対戦で野試合の穴埋めができたので、実装されて良かったと思いました。

でも、それは思わぬ弊害を産み、オンライン対戦ができるようになったことで、顔を付き合わせて対戦をするという日本独自の文化がなくなりつつあるんです。

最近では、野試合をするために声をかけると、乱入を承諾してくれた人でも、「まさか乱入があるなんて」と言ってくれます。

皆さんは、この事実についてどのように考えてられますか。

特に、対戦世代の方に話を聞かせて欲しいですね。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【問85】最近アーケードで稼働した格ゲーをやってるか?

〈質問〉
最近稼働した格ゲーで446がプレイしてるものってなに?

〈返答〉
バーチャファイターeスポーツぐらいです。

アーケードでも、新作の格ゲーって結構出てるんですけど、最近は全然やってませんね。

本当ね、バーチャのeスポぐらいです。

バーチャeスポも、バーチャ5が基盤になっているからやってるだけで、これが完全新作だったら恐らくやってないですね。

これ、僕の尊敬する格ゲーブロガーさんには言いましたけど、ゲーセンでもオンライン対戦が主流になってきて、特に新しいタイトルは野試合をすることがなくなったんです。

僕が雑食ゲーマーの理由というのが、新しいタイトルのゲームをしておけば、野試合をしようと思ったとき、対人戦できる確率が上がるから。

でも、新作はほぼオンライン対戦が主流になって、新作を野試合することがなくなったから、新作を練習する必要がなくなったんです。

それが、新作をやらなくなった理由ですね。

しかも、オンライン対戦って鉄拳やスト5みたいな有名タイトル以外は1年もするとすぐ過疎化するんです。

大物タイトル以外でオンラインで人が居るのとか電撃ぐらいなもんですよ。

GGXrd R2すら居ません。

まぁ、ストライブが出たから仕方ない部分もありますが、ストライブとレヴ2は全く違うゲームだからね!

はい。どうでも良い話でした。

なんかね、なんかね~…。本当の意味で、ゲーセンでゲームをやる理由がなくなってきました。

ここら辺、明日の座談会でテーマ組んでやろうと思うので、是非また遊びに来てください。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

雑記656.声掛け後の反応、今と昔

ゲームセンターの環境って、今と昔では大きく違いますけど、『Mr.初心者』の異名をプレイヤーを数十年持つ僕が、野試合していて一番感じるのは、「乱入していいですか?」と声をかけた時の対応が全く違うということです。

今回は、そんなゲームセンターのプレイヤーの今と昔を振り返ってみたいと思います。

僕は、対戦をする前に必ず一声かけて乱入するようにしています。

理由は、そのあと話をできるというのと、僕は弱いので、相手によっては黙って乱入すると『捨てゲー』されることがあるからです。こっちから声を掛けて応対したあとに、流石に捨てゲーってしにくいでしょ?僕的に、初心者狩りされようが、分からせるためにボコられようが、対戦ができればそれで楽しいので良いんです。

ただ、捨てゲーされるのは辛い。

「はいはい。お前が強い、強い。だからもう俺に関わるな」と言わんばかりに、1ラウンドフルボッコにして、2ラウンド目にはゲームを辞めている。残された初心者の僕は、そんな誰も動かないキャラを虚しく殴るというあの哀しみは、今も昔も屈辱以外の何物でもありません。

話を戻して、声をかけたとき、大抵の人が昔はOK出してくれてたんです。

まぁ、「お前、そのレベルで乱入すんの?」とか言われたことはありますけど、その時は「宜しくお願いします」って自分より年下の子にも言ってました。

ただ、最近は断られることが多くなりましたね。

無論、対戦馴れしてる人や中・上級者の人達で断る人は居ないのですが、問題は僕と同じ初心者から初級者界隈の人。

昔は、対戦を断ること自体恥ずかしい行為という風潮もあったので、どんな初心者でも「かかってこいやぁ!」って息巻いてる人が多かったんですけど、今は普通に「自分初心者なんで、乱入とか辞めてもらっていいですか」とか「対戦とかできるレベルじゃないから、ごめんね」とか、ビックリするほど断られる。

一回、自分も初心者ですからと無理に押し通したことがあるのですが、…これはね、やめた方が良いですね。

乱入するとき、大抵相手のレベルを見て乱入することと思いますが、CPU戦と対人戦では必要なスキルが変わってくるし、対戦馴れしてないと、CPU戦では綺麗な立ち回りしているように見えても、それはその人がCPUの行動パターンを覚えているだけで、択一や読み合い、況してや誘発なんてしたら、全部こっちの思惑通りに行動してくれるので、大変なことになる。

僕のような、対戦したがりの初心者の方にお伝えしたいのは、向こうの方が絶対上手だと思っても、対戦を押し通すのは絶対に辞めた方が良いということ。

相手が断ってくるのには、絶対に理由があります。

考えるのが好きな人は対人戦、作業が好きな人はCPU戦。

最近は、そこら辺がより明確になっているので、…うん、なんてか時代変わったなって痛感します。

というかね、乱入自体最近は自分からしないと対人戦さえできない環境になってきました。

最近出会った、よくスパ2Xで対戦する上級者の方なんかは、初心者の僕にもよく色んなことを教えてくれるし、会ったら対戦してくれるんですけど、最初僕が声を掛けたときは、「まさか、ゲーセンで対戦できるとは思わなかったです」よ!

彼は、大会でも実績残している(らしい)上級者ですけど、ほぼ対人戦はオンラインで、仕事帰りによるそのゲーセンでは、CPU戦メインでやっているのだとか。

ゲーセンなのにCPU戦ッッ!?

僕らの世代(30代から50代)では考えられない返答でしょ?

これね、意味分からんとか思っちゃアカンのですよ。今はもうね、そんな感じになっちゃってるんです。

最近は、若い子達から今のゲーセンの環境を聞く為にも声を掛けている感じです。

ガチでね、時代変わりましたよ。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!