446の素人格ゲーブログ

素人のおっさんが、まったり格ゲーをしている様子をブログで更新していきます。格ゲーと言っても、僕はアーケードしかしないので、家庭用の格ゲーについては触れません。

雑記622.ザ・キングオブファイターズ15

f:id:hatema446:20220102095431p:plain
もうすぐKOF15が出るということで、そろそろ僕も記事を書いときたいと思います。

既にβ版というんですかね?それは出てるみたいで、その後最終調整がなされ、世にKOF15が放たれるみたいですが、いやぁ~ね!いよいよいか!という感じです。

ぶっちゃけ、システムや対人戦はそこまで期待していません。見た感じ、14と似た臭いがするので。

でも、KOFシリーズは、というよりSNKはアーケードモードが他の格ゲーよりも僕的に面白くて、全クリ後に物語の考察ができるんです。

中ボスやラスボスが居て、全クリ後に物語が徐々に明らかになっていく。すべてのキャラクターを全クリしたとき、物語がひとつに繋がり、次の話に繋がっていく。この昔ながらの格ゲーの感じを今も引き継いでくれているので、オッサンは未だにKOF15を触ろうと思えるのです。

前回のKOF14では、謎の生命体・バースが会場を襲い、プレイヤーがそれを倒すとバースの中に封じられていた思念みたいなのが世界に放たれ、本来存在しない筈のキャラクターが復活したりとKOF15への伏線が散りばめられました。

バースの正体は、サムスピの世界に登場する設定・ウェンカムイ(生き物の負の塊)の集合体であり、それが各世界に散らばることで、15では死んだ筈のキャラクターも復活します。

ここね~、僕はちょっと楽しみにしてまして、歴史がなかったものになったのか、それともバースの効果で一時的に復活したものなのか、家庭用を持っていないので、詳細は分かりませんが、とにかくそこら辺も楽しみです。

KOF15の発売にあたり、周りの若い子達から聞く話が、昔のKOFの話ってどんなだった?ということ。

良い機会ですので、来週あたり過去のKOFシリーズのお話を3日間かけてやりたいと思います。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

雑記621.遅れています

皆さん、おはようございます。

正月が明けて、ようやく落ち着いた446です。

このブログは、1月に作成しているのですが、正月休みも残すところ片手で数えれるようになって、やっと時間に余裕が生まれています。てか、後が楽になるように前半頑張ったのですが(笑)

あと、大きなところでいくと、格ゲーの身内戦くらいかな。その様子はまた報告します。

さて、そんな中、ちょっと遅れていることがございまして、今回はそのことについてちょっと愚痴りたいと思います。

来月の話になりますが、ギルティのイグザードレヴ2の対戦会がありまして、今月までにキャラクターのコマンドや性能をまとめて、誰もが閲覧できるようにファイルしてまとめといてくれと言われ、昨年から時間を見付けてコツコツまとめていたのですが、これが意外に時間が掛かりましてね。

ぶっちゃけ、4ゲーマーというサイトにアルカディア並みに綺麗にまとめたサイトがあるので、それで印刷してたのですが、最初はブラウザの関係で印刷がマトモに出来ず、エキセルに変換して、それからまとめるという作業をしていた為、めちゃくちゃ時間が掛かってました。

その後、違うブラウザで開く方法を見付け、そっちでやったら全部印刷できるようになったので、印刷の作業自体は楽になったのですが、色んな人が見るんだからラミネートもしとけよということで、印刷したものを今度はラミネート加工しなくてはならず、この作業がまた無駄に時間が掛かる。

サラブレッド達にも手伝って貰いながら、やっとの思いで終わらせています。

これ、対戦会に参加する人とかに率直な意見を聞きたいんですけど、僕はこういうときこそネットで見れるんだから各自スマホで確認するっていうので良いと思うんですね。

見方が分からない人の為には、タブレットを数台用意して、僕達が開いて見せてあげる。それで余計な手間も省けるし、僕らの労務の時間も削減できる。

今時、幼稚園児でもスマホを使いこなす時代に、ゲームの対戦会でわざわざファイルしたコマンド表を作成する必要はあるのだろうか?

もうね、どんなに急いでも、ラミネートで加工する機械の速度は変わらないから、一時間に生産するキャパは決まっている訳ですよ。

このブログが更新される頃には終わっているでしょうが、どうもそこら辺が納得いっていないオッサンです。

レヴ2の対戦会の様子については、気分が乗ったら更新したいと思います。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【問63】最近のオッサンの二次元事情

〈質問〉
最近、ゲームもそうだけど、忙しいを理由に二次元を忘れかけてねぇか?

〈返答〉
そんなことありません。

心外です。と、言いたいところですが、確かに最近というか、ここ10年ぐらいきちんと見れていません。

頑張って鬼滅の刃を見たぐらいで、「じゃあアニメは?」と聞かれると、総集編と映画を見たぐらい。あとは、金ローであったヴァイオレッドエヴァーガーデンかな。

ちなみに、ジャンプっ子なのに呪術なんてっちょは見てません。まぁ、鬼滅もそうでしたけど、バトルでもあぁいう系の表現は苦手なんです。と、言い訳をしてみる。

まぁ、ジャンプで新しいのと言えば、高校生家族と坂本ディズぐらいかな。坂本ディズは、初連載したときから注目してまして、あのコメディアクション特有のテンポの早さが好きですね。

あとは、格ゲー関連だとハイスコアガールの8巻と9巻を読みました。ダッシュではなく、ノーマルのハイスコアガールです。

うーん…。ハイスコアガールもね、5巻ぐらいまではラブコメ感満載で好きだったんですけど、著作権の問題で一時休載したとき辺りから、熱が冷めちゃいましてね。

しかも、5巻でヒロインとは別の子が主人公に告白し、格ゲーで勝負するって流れなんですが、僕の頭の中ではここで優柔不断な主人公がその子を倒し、自分の気持ちに整理をつけて、ヒロイン(ヒロイン強いんでね)との勝負、そして自分の気持ちを言う的な流れなのかなと思ったら、…なんかそのあともグダグタ続いちゃいましてね。

読んでいて、どうも5巻までと違い、スッキリしない展開に「どうでもいいや」ってなっちゃってます。

ただ、このハイスコアガール。現在、ダッシュという続編まで出てまして、しかも僕らぐらいの年齢からアーケード初期層にはまだまだ人気が高いんですよ。

僕より年上と言ったら、やっぱり色んな作品を見てきて、目も相当肥えている筈。そんな人達が評価するにはそれなりの理由がある筈と思い、自分に合うかどうかは別にして、時間があるときにちょこちょこ読んでいます。

とまぁ、僕の最近の二次元事情はこんな感じ。

改めて、文に起こしてみると、二次元忘れかけてね?と言われても仕方ない内容になっていますね。

ただ!
見れてないだけで、オタク心はここにありです。

この前もね、年末にお神に土下座して、2021年最後のオタク仲間の集まりに参加し、古本屋やそういうグッツ関連のお店を回ってきました。

最近は年に1回の大切な行事になっているので、僕の中では神聖化しています。

タイトルを見て、興味のある漫画やアニメ、小説はいっぱいありましたけど、買っても積み本になるだけなので、見るだけです。

ボカロなんかもそうですけど、最近は説明調の歌詞やタイトルが多いですね。僕の時は読み手や視聴者に想像させるというのが主流だったけど、今は答えをドンと提示して、そこからあなたならどう考える?みたいな問い掛けをする作品が多い気がする。まぁ、僕が好きな作品がそういうのばっかりなのかもしれないけど(笑)

最後に、ちょっとだけオタクからの遠吠えということで愚痴を言わせてください。

この前、ネットニュースに「ヴァイオレッドエヴァーガーデンを地上波で見た一般ピーポーの反応」という記事がありまして、読んでみると物凄い偏見じみたことが書いてあった。

僕も途中から見たので、世界観をよく把握できていないのですが、自動人形と人間の触れあいを描いた話で、僕の中では新感覚の世界名作劇場という感覚でした。

詳細は、ウィキ様に説明が載っているので、知らない人はそっちで確認してもらいたいのですが、まぁその記事では内容についてではなく、声優やアニメのイラストの表現でオタクだ!とか言ってる訳ですよ。

僕は、それにイラっときましてね。

「ここは中二的な表現だから一般ピーポーはついていけないんじゃ?」という話ならまだ理解できるのですが、イラストで決めるってどういうことや?声優で決めるってワケわからんわ。

お前、ハイジだってあの当時からしたら、かなり可愛い声出してるぞ。一体、ハイジとヴァイオレッドの何が違うんや?

イラストにしたって、その時代の流行りのイラストってあるだろ。時代はいつだって劇画調じゃねぇんだよ!

どうせ、萌え寄り(この表現も古いけど)のイラストだったから、その人はそういう風に言ったんだろうけど、あの花とかと同じで内容見て判断しろよ、内容見て!

はい。言いたいこと言ったので、今回はもう退散します。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【問62】2021年に頂いた質問質問返答

というわけで、今回は昨年に頂いた質問で、返答をしてないないものを駆け足でお答えしていきたいと思います。




【質問1】
今年(昨年)、一番やった格ゲーはなに?

【返答1】
スト5です。

どうしても、対人戦が手軽にできるゲームに走っちゃうので、オンライン対戦にすれば必ず誰か居るタイトルを選択することが多いですね。そうなると、僕の中の選択肢はスト5か鉄拳7FRです。で、どっちが面白いかとなるとスト5となる訳ですね。



【質問2】
KOF15についてどう思う?

【返答2】
正直、あまり注目していません。

KOFは、ドット絵だった13CXまでは許せるのですが、14で3Dになり、声優が一新したというのが僕の中で許せなかった。
まぁ、たまにプレイはしてますが、14の続編にあたる本作は、アーケードで展開してもCPU戦で止まってしまうのかな、という感じです。なので、ラスボスとかストーリーデモは楽しみにしています(笑)



【質問3】
格ゲー以外の活動の調子はどう?

【返答3】
なんとか回しています。

格ゲー以外の活動で一番大きいものは、遊戯王の身内戦があるんですけど、先月『今年最後の遊戯王対戦会』と銘打って身内戦を開催したところ、年末の忙しい中、たくさんの方にお越しいただき、感謝・感謝でした。

最近は、デスピアを始め、注目テーマも多く出回っており、充実したデッキの作成が可能です。また先行を取った方が有利と言われるカードゲームで、誘発即時系の効果の導入により、ゲーム内容が少しずつ変化していることにも注目しております。

僕と同じぐらいの年の方は、「遊戯王なんてどうせパワーゲーじゃん」なんて言う人も多いですが、今はカードの種類も多種多彩で、昔は勝つことができなかったテーマでも、今は強化カードを入れることで、昔より勝利の可能性の幅が広がっています。

身内戦を通して、そういうことが見れたのも楽しかったですね♪


はい。ということで、年末に頂いた質問を駆け足で答えていきました。

なんだかんだで、結構KOF15に注目している方は多いです。

ただ、僕は対人ゲームとしてはあんまり気になってなくて、どちらかというとストーリーが気になっています。

一人?一体?の存在で過去が書き換えられ、本来生きている筈のない人間が存在していたことになり、アッシュが復活し、歴代のKOF主人公が夢の共演!
プラス、14での伏線回収があると思うので、非常に楽しみです♪

対人は、動画を視聴している限り、14と同じ臭いがしてあまり新鮮味を感じませんでした。

まぁ、どこでもキャンセルではないけど、それと似た感じでタイミングよく技を繋げていき、ダメージを取っていくのかな、みたいなね。

2002以降、KOFはどこでもキャンセルを払拭できない傾向にありますが、願わくば「今度はこういうので来たか!」みたいなのをみてみたいなぁと思ったりー…。

はい!話が脱線したところで今回はお開き!

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

【報告127】レッドスターが付与されました

f:id:hatema446:20211228060122p:plain
このブログが更新される頃には1月過ぎているので、昨年の話になりますが、ようやくこの前送ったテーマブログを応募したら全員にレッドスター貰えますというヤツ、レッドスターを貰うことができました。

まぁね、スター自分でただ持っていても仕方ないので、グリーンスター同様、「これだぁあぁ!」というブログにプレゼントしたいと思います。

で、こういうこと書くと、「じゃあ、お前のブログの評価基準はどんな感じよ?」と聞かれるのですが、…基本、僕は自分が好きなブログは読者登録してまして、あんまり評価基準とか考えていませんね。

自分にとって、面白かったり、読んでいてためになった!という方にスターを贈っています。

ただ、グリーンスターレッドスターみたいな特殊なスターは、たった1つでもそのブログに大きな影響を及ぼすので、自分の趣味やためになった!というのは抜いて、下記のことに注意して付与するかどうか決めています。



(1)文章は読みやすいか

●当たり前のことですが、ブログは人に見てもらって初めて成立するものです。では、そのブログが全年齢対象と考えたとき、子供から大人まで理解しやすい文でまとめられているか。そこを注意して見ています。勿論、ブログのテーマによってそれは変わってきますが、テーマも意識して作成してるかってことですね。
●あとは、難しい言葉を使ったとき、知らない人に対して細かく説明を入れる、難しい漢字や当て字には読み仮名を振っているか等の読み手への気遣いができているか。そして、それが読み手にとって不快になっていない説明になっていない(上から目線になっていないか等)か。そこら辺も評価のポイントです。



(2)添削はされているか

●これもね、ブログ更新するとき「全く添削してない、446お前が言うの?」とツッコこまれそうですが、今回は読者の目線からの評価ということで、お許しください。
●これも、読み手に対してどれだけ意識しているかという話ですね。誤字・脱字のある文章は、それだけで読み手に不快な印象を与えます。読んでもらうことを意識する、評価してもらいスターをもらいたいと思うなら、そこら辺の作業に手を抜くという選択肢はないと思います。



(3)興味を持ってもらえるような文章の運び方をしているか

●僕は、ブログはその人の1つの物語、短編小説のようなものと考えているので、文章が長い・短いはあまり気にしません。そりゃ、篦棒(べらぼう)に長いものに関しては、駄目だと思いますが(笑)読む気失せますし、その時点でその人は僕と同じような考え方で、「読んでもらえる人だけにブログ読んでもらえばいいや」てな考えた方だと感じてしまいます。
●まぁこれ、学生だったら学習発表やレポート、会社員だったら顧客へのメール対応や会議の資料作成なんかと同じだと思うのですが、上記2つの条件をクリアしたとき、読み手が次に読みたいなと思うような文章を作成できているかってことですね。例えば、自分の経験や日記を書くにしても、伏線を残しつつ話を進め、最後にオチをつけなければ、読み終わったあと読者は「だからなんだ?」という話になります。
●この「だからなんだ」は僕は一番やっちゃいけないことだと思うんです。余談ですが、僕は馬鹿なので話をするのが下手くそで、若い頃、取引先対応をするとき、仕事の話をして終わりな人間でした。そうすると、そこから話が進まないので、何も進展が生まれない。雑談や余談って物凄く会話で大切なことで、その下らない話が相手の興味を惹き付け、そして次の仕事につながります。
●こういう文章も一緒です。興味を引き、相手に想像させ、オチとして何を伝えたいのかを明確にしなければ、次に「この人のブログをまた読みたいな」と思ってもらえません。僕みたいに、「いや、共感してもらえる人だけに読んでもらえればいいよ」と言うならば、あまりスターを意識していないということになるので良いと思いますが、スターを意識しているならばそれはあり得ないでしょう。ということで、評価の対象にしています。



まぁ、ざっくり言うとこんなところです。

上記を2つ以上満たしていれば緑、3つ全部満たしていれば赤を1つ贈ろうと思います。

本当は、青も贈りたい方がいるのですが、見た通り持っていないのでね。緑だけでもなかなか手に入らないので、赤なんかはかなり慎重です。

そう言えば、ブルースターって購入以外にどんな入手方法があるんだろう。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

雑記620.2022年度オッサンのゲーム抱負

はい。ということで、ここからは格ゲーの抱負を書いていきたいと思います。

昨年の反省から、今年は次のことをやっていくつもりです。

(1)対人戦で使えるキャラを増やす

これは身内戦での話ですが、やっぱり身内でやってると、同じキャラクターに偏ります。

僕の場合は、スタンダードキャラが好きなので、どうしてもそっちのキャラクターを選択してしまう。

でも、身内戦に来てくれた人は色んなキャラクターを見たい訳で、やっぱりキャラクターの引き出しが多い人が一人居ると、「あの人が居るなら、また来よう」ってなるんです。

その役割は、僕の身内だと今までヒゲリンがやってくれていたのですが、ついにヒゲリンからクレームが出まして、「オレ一人じゃ限界あるぞ。せめて、もう一人付けてくれ」ということになったんです。

それで白羽の矢が僕に立った訳ですが、投げキャラ、設置系キャラ、接近戦キャラ、その他諸々いますけど、その中でも設置系キャラは物凄く苦戦しています。

僕の中で設置系キャラは上級者が使うイメージで、メルブラのCロアみたいに、素人でも使える要素が残してあるなら使うけど、…嫌煙する対象だったので改めて使うと難しすぎて操作まで手が回りませんね(笑)

まぁ、今からぼちぼちできる限りのことはやっていくつもりです。

(2)CPU戦を頑張る

毎年書いていますが、結局対人戦ばかりやっているので、今年こそはCPU戦にも目を向けて頑張ります。

具体的に何をやるかというと、【CPU戦でアーケードモードの全クリ➡ストーリーの噛み砕き➡ブログにて考察】てな感じ。

まぁ、考察といっても感想程度のものなので、あまり期待はしないでください。

「なかなか格ゲーできないけど、今のサムスピKOFはどんな感じ?」と軽く知りたい方に浅く広く楽しんでもらえるように書くつもりです。なので、掘り下げはやりません。

「んなもん知っとるわ!だから、そこから展開するかを前の伏線を踏まえて説明せいや!!」みたいなことを言われても、それをやってもどんどん穴を掘る形になるのでね、本当浅く掘って終わりにします。

(3)身内戦の定期開催

最後はこれ。僕が一番やりたいことですね。

昨年・一昨年となかなか身内戦ができませんでしたが、今年はコロナも落ち着いてきて、いよいよ本格的に経済が回るので、流石にやってもいいだろうという判断です。

来年、どういう感じになるのかはまだまだ不透明ですが、できるだけに前向きに検討し、少しでも多くの人と楽しいひとときを共有できたら良いなと思います。

■はい。ということで、オッサンの2022年の抱負でした。

皆さんは、2022年やっていきたいことって何かありますか?

もし、あるのならば、ブログ、またはコメントにて教えて頂けたら幸いです。

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!

雑記619.2022年度オッサンの目標

このブログを作成しているときはまだ12月で正月休みにすら入っていないので、来年の抱負のブログを作成していること自体おかしな話なのですが、…前倒ししていかないと年末年始は時間を取れないのでね、いってみたいと思います!

●私生活&ブログの抱負

■昨年は、一昨年(おととし)のコロナの影響で受注が一気に入ってきて、何かと忙しい毎日でした。

そんななか感じたのは、スケジュール管理の徹底が出来ていなかったなということと。

これ、一昨年も同じことを書き、昨年も今年の目標として掲げていたのですが、一昨年よりは徹底できていたと思うんですけど、やっぱりどこかで慢心・怠慢が生まれるんですね。

「いやいや、そんなピリピリしてたら気の休まる時間がねぇじゃんか」という話も頂くのですが、実際その気持ちが上記に繋がります。

では、その慢心はどこから生まれ、怠慢に繋がっていくのか。

これはあくまで僕の個人の考えですが、予定の『見える化』をできていないことが慢心に繋がると感じました。

スケジュール張に書いている予定も、いま思うとプライベート用のはざっくりしたものしか書いてない。

仕事用のは、明確に「○○様○時来社、○○打ち合わせ、○○を押し出し話を進める」みたいなことを書いているんですけど、プライベートのは「○○の予定」、これで終わってる。

精神論になりますが、予定を組んだらそれを実行する『ヤル気』がないと、自分のことだから幾らでも言い訳するんですね。

なので、まずは今よりもっと予定を明確にし、プライベートの予定では何をどこまでやるかをしっかり書き込む、無論、イレギュラーも発生するので、ここまでは絶対にやらなくてはいけないという線引きをし、できる・できないのメリハリをつけて、日々実践していきたいと思います。

その積み重ねが『目標の達成』に繋がるのでね、ただ「目標を達成するために頑張ります」ではなく、今年は昨年よりもっと目標達成までのプロセスをしっかり見える化して実践していくつもりです。

■あとは、時間に余裕が生まれたときの有効な使い方。

これが僕はなってない。

昨年は、朝から会社行って深夜に帰宅、寝たらすぐに仕事という生活だったので、僕自身もキツかったのですが、家族にも迷惑を沢山かけました。

だって、僕のライフスタイルに合わせて、お神は自分も仕事をしてるのに家事をこなしている訳ですからね。ちなみに、残業2時間程度ぐらいなら、僕も家事を手伝っていますが、流石に深夜になると、帰って飯くってフロ入り、速攻で寝たとしても深夜の2時ぐらいなのでね、四時間ぐらいしか眠れないので、体力的に無理です。僕はね。

…まぁ、やってる人はやってますが、そういうショートスイーパーではないのでね、僕は。

で、たまに早く帰宅できる日とかがあるんですけど、そういうとき、たまってる家の仕事をやろうとやたら張り切って帰宅すると、平日家族と会話ができないものだから、寂しくないと思ってても、心のどこかで恋しかったんでしょうね。

家族と会話すること。
一緒に食事すること。
一緒にフロに入ること。
一緒に寝ること。

そんな当たり前のことが幸せに感じるんです。

もうね、テレビ見終わったあと、家族の皿洗うだけで幸せに感じますから。

あぁ…。今日オレ、一日働いて無事帰ってこれたなぁって実感しますから。

で、そんなことしてると、気が付けば23時とかになってましてね。

ブログの1つも作成できずに就寝、となるわけです(笑)

僕は、昔からイレギュラーというのに凄く弱くて、格ゲーに例えるなら、コマンド入力やコンボの完走といった作業はまぁある程度いけるんですけど、立ち回りでの反応などはボロクソ。

格ゲーって、極端にいえば立ち回りの上手い人の方が強くて、ぶっちゃけコンボできなくても立ち回りがしっかりしてれば、相手に何もさせませんから勝てるんです。

格ゲーなんて、相手にガードされる待たれるのは当たり前で、じゃあその防御をどうやって崩してやろうかというのを体感するのが醍醐味、つまりはイレギュラーだらけです。

そんなゲームで「イレギュラー苦手」とか言う僕に、格ゲー好きな人は「お前、頭おかしいちゃうか?」とツッコミたくなるでしょうが、まぁね、好きになっちゃったものはしょうがない(笑)

これがカードゲームになると、またゲームはゲームでも違ってくるのですが、その話はまた次の機会にでもしましょうか。

はい。話が脱線しましたけど、とりあいず僕の今年の目標は2つ。

(1)スケジュールの明確化
(2)隙間時間の有効活用

当たり前だけど、なかなかできない。

この2つを昨年よりもっとメリハリつけてやっていきたいと思います!

それでは、またお会いしましょう!

閲覧ありがとうございました!